ご予約・お問合せ 0479-23-5111(代) 受付時間)9:00〜20:00 チェックイン)15:30 チェックアウト)10:00
犬吠埼観光ホテルホームページ
波打ちぎわの天然温泉露天風呂
トップページ
■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


携帯からもご覧いただけます

「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」(山武市)
 本日ご紹介するのは、近隣市「山武市」「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」前「広場」で11月23日(祝・水)に開催されます「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」です。

 「山武市」は、「千葉県」の「東部」に位置し、「千葉県」の「県庁所在地」「千葉市」や「世界の空の玄関口」(WORLD SKY GATE)「成田国際空港」(2015年4月7日・2012年12月10日のブログ参照)まで約10km〜30km、「東京都心」へも約50km〜70kmに位置しています。
 「山武市」は、「日本有数」の「砂浜海岸」である「九十九里浜」(2012年5月11日のブログ参照)の「ほぼ中央」に位置し、約8kmにわたって「太平洋」に面し、「山武市」の「総面積」ですが、146.38平方kmとなっています。
 「山武市」は、2006年(平成18年)3月27日に、「山武郡」「成東町」、「山武郡」「山武町」、「山武郡」「蓮沼村」、「山武郡」「松尾町」の4町村が合併し、誕生しました。
 合併以前は、「山武郡」・「山武町」とも「読み」は、「サンブ」でありましたが、現在の「山武市」の「読み」は「サンム」です。
 現在の「山武市」の「人口」ですが、53518人(男26807人、女26711人)、「世帯数」22142世帯となっています。
 (2016年11月1日現在)

 「山武市」の「地勢」ですが、大別して「九十九里海岸地帯」と、その「後背地」としての「沖積平野」及び「標高」40m〜50mの「低位台地」からなる「丘陵地帯」で構成されており、これらは「海岸線」に、ほぼ「並行」に「帯状」に展開しています。
 「山武市」の「海岸地帯」ですが、「砂浜」と「松林」が連なり、「成東海岸」と「蓮沼海岸」の「遠浅」の「海」が広がり、多くの「海水浴客」が訪れています。
 「山武市」の「平野部」ですが、「山武地域」「中央部」に広がる肥沃(ヒヨク)な「土壌」を持つ「九十九里平野」(2012年7月6日のブログ参照)となっており、「田園地帯」が形成されています。
 「山武市」の「丘陵地帯」ですが、「大部分」が「成田層」と呼ばれる「地質」で、「表層」が「関東ローム層」、「下層」が「砂」及び「粘土互層」で構成されており、「上総層群」の「堆積盆地」に位置しています。

 「山武市」は、「稲作」はもちろん「野菜」や「果物」の「生産」も盛んで、「山武杉」(2011年11月25日のブログ参照)などの「林産物」、「九十九里浜」の「海の幸」と、「自然の恵み」が、豊かな「地域」であるとともに、「観光リゾート地」として「海水浴」や「サーフィン」、「テニス」などの「スポーツ」も楽しめ、「若者」にも魅力ある「地域資源」を有しています。
 「山武市」では、「特産品」の「山武杉」などを加工して作られる「組子細工」が「有名」で、「山武杉」の「組子細工」ですが、主に「障子(ショウジ)」や「欄間(ランマ)」などの「建具」に施される「技法」で、それを施された「上総建具」と呼ばれています。
 これらは、宝暦年間に普及し始めた「山武杉」の「台頭」によって、より盛んになり、現在「伝統工芸品」として「房総の魅力500選」に選ばれるなど、評価されています。
 近年では、「山武市」の「立地条件の良さ」から、「工業施設」の「集積」が高まりつつ、また「自然環境の良さ」からも、この「地域」を訪れ、移り住む「人々」も数多くいるそうです。
 さらに「山武市」は、「交通アクセス」の「利便性」も向上しており、今後更なる「交流」と「物流」と「観光」の「拠点」として発展することが期待されています。

 「山武市」の「成東地区」ですが、「関東」でも「屈指」の「一大いちご狩りエリア」として知られており、中でも「JR成東駅」周辺の「国道126号線」、「県道76号線」、「県道121号線」沿い「一帯」に数多くの「いちご園」が軒(ノキ)を連ねており、その「いちご狩りスポット」が多数点在した「通り」の「名称」を「ストロベリーロード」(2012年1月8日のブログ参照)と呼んでいるそうです。
 「ストロベリーロード」には、20軒の「いちご園」「山武市成東観光苺組合」(0475-82-2071)は、「食の安全性」にも、いち早く取り組み、「エコファーマー」認定を早くから取得されています。
 また「ストロベリーロード」の「いちご園」では、複数の「いちご」の「品種」を「食べ比べ」が出来たり、「ポピー狩り」が出来る「いちご園」があったり、多様な「農園」が「個性」を活かし、「いちご狩り人気スポット」として努力されています。
 「山武市」の「いちご園」の主な「栽培品種」は、下記の通りです。

 ふさの香
 とちおとめ
 さちのか
 紅ほっぺ
 章姫
 やよいひめ
 桜香(オウカ)

 他にも「希少品種」も含め、色々あります。

 「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」ですが、「山武市」にある「公共施設」で、「敷地面積」17263平方m、「建物構造」は「鉄骨造平屋建」、「延床面積」1170平方m、「駐車場」は「普通車」26台、「身障者」2台、「大型バス」10台の「駐車スペース」となっています。
 「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」の「施設概要」は、下記の通りです。

 「さんぶの森交流センターあららぎ館」詳細

 市民交流サロン

 多目的室1(やまゆり) 30名(教室型) 40平方m 由来・旧山武町の花

 多目的室2(のぎく) 30名(教室型) 47平方m 由来・旧成東町の花

 多目的室3(ひまわり) 12名(ロ型) 23平方m 旧蓮沼村の花

 多目的室4(ききょう) 18名(ロ型) 27平方m 旧松尾町の花

 多目的室5(あかぐも) 和室(4卓) 8畳 由来・蕨眞一郎と直治郎が発行した短歌雑誌の名前

 多目的室6(りんかん) 和室(6卓) 10畳 由来・蕨眞一郎の死後、弟直治郎が編集した短歌雑誌の名前

 調理実習室 調理台2台 36平方m

 ホール パソコン2台、テーブル、印刷機、複写機、無線LAN、キッズコーナー

 ジャイアントシェルター(702平方m)

 バイオマス体験棟(100平方m)

 山武出張所(220平方m)

 「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」の主な「備品」は下記の通りです。

 「市民交流サロン」

 ※施設使用時に申し込み

 椅子120脚(カウンター3含む) ※各部屋にあるものの合計

 机34脚(3人掛で102人分) ※各部屋にあるものの合計

 音響設備 (マイク1、ピンマイク1)

 組み立てスクリーン 1

 プロジェクター 1

 演題 3種類

 舞台 (4m×2m×高さ20cm/40cm)

 「ホール」

 ※利用時に申し込み

 デスクトップパソコン 2台 (利用時間・1時間)

 パソコンプリンター 1台 (有料)

 複写機 (コイン式) 1台 (有料)

 印刷機 1台 (用紙持ち込み) (有料)

 無線LAN

 テーブル 5

 椅子 14

 「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」の「開館時間」・「休館日」、「連絡先」(市民交流サロン、バイオマス体験棟)は、下記の通りです。

 開館時間 9時00分〜17時00分

 夜間 17時00分〜9時00分(事前に申し出て許可を受けてください)

 休館日 毎週月曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)、臨時休館時

 連絡先

 市民交流サロン 0475-89-3630

 バイオマス体験棟 0475-89-3632

 「山武市産業まつり」は、「山武市」の「誕生」を記念し、「山武市内」の「農林水産業」を中心とした「ふるさと産品」を「市民」に紹介することにより、「生産者」と、「消費者」との「交流」及び「地場産業」に対する「認識」を深め、「消費拡大」と、「産業」の「振興」に資するとともに「郷土」を愛する「心」を育み、豊かな「山武市」を築くことを「目的」として開催されます。
 「山武市産業まつり」では、「各種団体」等による「PR」や、「イベント」が行われています。
 「山武市産業まつり」には、多くの「山武市民」が訪れ、「ふれあい」と、「憩い」の「一日」が賑わうそうです。

 この度(タビ)「山武市」では、「秋」の「恒例行事」「平成28年度山武市産業まつり」を11月23日(祝・水)に開催するそうです。
 「平成28年度山武市産業まつり」ですが、「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」町「広場」を「会場」に開催され、9時30分から14時00分まで行われるそうです。
 なお、「平成28年度山武市産業まつり」ですが、「山武市」の「市制施行10周年」を記念する「イベント」となっており、「市制施行10周年記念イベント」を冠した「催し」となっています。
 「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」では、「各種団体」等による「PR」や、「イベント」が行われ、「イベント」は、「和太鼓」の「演奏」(松尾)、「ジャグリング」、「獅子舞」(椎崎獅子保存育成会・山武)、「風船パフォーマンス」、「バリ舞踏」(松尾)、「大富ばやし」(成東)、「地場野菜」等の「即売」、「商工観光のコーナー」、「各種団体」による「無料配布」等の「イベント」を実施するそうです。
 また「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」では、12月10日(土)に開催される「ECOCAN@山武」で使用する「エコキャンドル作り」の「ワークショップ」も開催されるそうです。

 「さんぶの森交流センター」「あららぎ館」前「広場」で開催される「山武市民」の「ふれあい」と「憩い」の「秋・恒例イベント」「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」。
 この機会に「山武市」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」詳細

 開催日時 11月23日(祝・水) 9時半〜14時

 開催会場 さんぶの森交流センターあららぎ館前広場 山武市埴谷1884-1

 問合わせ 山武市経済環境部農林水産課 0475-80-1211

 備考
 「市制施行10周年記念イベント」「平成28年度山武市産業まつり」ですが、「雨天決行」、「荒天」の場合は中止となるそうです。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=3209 |
| 地域情報::九十九里 | 10:41 AM |

PAGE TOP ↑

(C) Copyright Inubozaki Kanko Hotel. All rights reserved.