ご予約・お問合せ 0479-23-5111(代) 受付時間)9:00〜20:00 チェックイン)15:30 チェックアウト)10:00
犬吠埼観光ホテルホームページ
波打ちぎわの天然温泉露天風呂
トップページ
■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


携帯からもご覧いただけます

「成田山奥之院特別開扉」(成田市)
 本日ご案内するのは、近隣市「成田市」「成田山新勝寺」「成田山奥之院」で7月7日(木)〜10日(日)の期間開催されます「成田山奥之院特別開扉」です。

 「成田山新勝寺」(2010年11月14日・15日・16日のブログ参照)は、「成田市」にある「真言宗智山派」の「寺」であり、「真言宗智山派」の「大本山」のひとつです。
 「成田山新勝寺」は、1000年以上の「歴史」をもつ「全国有数」の「霊場」で、「成田」を代表する「観光地」でもあり、正月3が日には約300万人、「年間」約1000万人以上の「参拝客」が訪れています。
 「成田山新勝寺」の「御本尊」は「不動明王」で、「成田山新勝寺」は上記のように「関東地方」「有数」の「参詣人」を集める「著名寺院」で、「家内安全」、「交通安全」などを祈る「護摩祈祷」のために訪れる方が多い「不動明王信仰」の「寺院」のひとつであり、「成田のお不動さま」の「愛称」で親しまれています。

 「成田山新勝寺」の「御本尊」である「不動明王」ですが、「真言宗」の「開祖」「弘法大師」「空海」が自ら「一刀三礼」(ひと彫りごとに三度礼拝する)の「祈り」をこめて「敬刻開眼」された「御尊像」なのだそうです。
 「成田山新勝寺」では、この霊験あらたかな「御本尊」「不動明王」の「御加護」で、千年以上もの間、「御護摩」の「火」を絶やすことなく、「皆様」の「祈り」が一体となり「清浄な願い」となって現れるそうです。
 「成田山新勝寺」は、開山1080年を間近に控えた現在も「成田山のお不動さま」として数多くの「人びと」の「信仰」を集めています。

 「成田山」の「開山の祖」「寛朝大僧正(カンチョウダイソウジョウ)」は、延喜16年(918年)に生まれ、天慶3年(940年)「平将門の乱」を鎮めるため「朱雀天皇」の「勅命」により「関東」に下り、「この地」に「成田山新勝寺」が開山されました。
 「寛朝大僧正」は、「皇室」との「血縁」もある大変に格の高い「僧侶」で、後に「真言宗」初めての「大僧正」に任じられ、「成田山」の他にも「京都」に「遍照寺」を開山しているそうです。

 「成田山新勝寺」は、上記のように平安時代中期に起きた「平将門の乱」の際、939年(天慶2年)「朱雀天皇」の「密勅」により「寛朝大僧正」を「東国」に遣わしたことに「起源」を持ちます。
 「寛朝大僧正」は、「京」の「高雄山」(神護寺)「護摩堂」の「空海」作の「不動明王像」を奉じて「東国」へ下り、翌940年(天慶3年)、「海路」にて「上総国」「尾垂浜」に上陸、「平将門」を調伏するため、「下総国」「公津ヶ原」で「不動護摩」の「儀式」を行ったそうです。
 「成田山新勝寺」では、この天慶3年を「開山の年」としています。
 「平将門の乱」「平定後」の永禄年間(1566年)(永禄9年)に「成田村一七軒党代表」の「名主」が「不動明王像」を背負って「遷座」され「伽藍」を建立された「場所」が、現在の「成田市」「並木町」にある「不動塚」周辺と伝えられており、「成田山発祥の地」といわれています。
 「成田山新勝寺」の「寺名」ですが、「また新たに勝つ」という「語句」に因み「新勝寺」と名づけられ、「東国鎮護」の「寺院」となったそうです。

 「成田山新勝寺」では、平成20年(2008年)に「開基1070年祭記念大開帳」が行われ、これにあわせて、平成19年(2007年)には「総欅造り」の「総門」が落慶され、「新勝寺」の「表玄関」として荘厳な「たたずまい」を見せています。
 この「総門」は、開かれた「庶民のお寺」「成田山」と「門前町」とをつなぐ「担い手」として、「大開帳」を記念し創建されたもので、「総門」前にある「門前広場」は「参拝客」の「憩いの場」となっています。

 「成田山新勝寺」ですが、「総門」をくぐって、「境内」に入ると大きな赤い「提灯」のある「仁王門」があり、「境内」には、数多くの「建造物」が立ち並んでいます。
 「仁王門」から「東海道五十三次」にならった53段の「石段」を上がると、「成田山」の「シンボル」である「大本堂」が現れ、「成田山新勝寺」「大本堂」では、「世界平和」と「人々の幸せ」を願って「開山」以来毎日欠かさずに「御護摩祈祷」が厳修されています。

 「成田山新勝寺」の「伽藍」ですが、「JR」および「京成電鉄」の「成田駅」から「成田山新勝寺」への「参道」が伸び、「参道」を10分ほど歩き、急な「石段」を上った先の「台地上」に「境内」が広がっています。
 「石段」の「途中」に「仁王門」、「石段」を上った先に「正面」に「大本堂」、その手前「右手」に「三重塔」、「鐘楼」、「一切経堂」などが建っています。
 この他、「大本堂」の「左手」に「釈迦堂」、「大本堂」の「背後」の一段高くなった「地」には「額堂」、「光明堂」、「開山堂」、「成田山平和大塔」(2012年5月7日のブログ参照)などが建っており、「成田山新勝寺」「境内」の「東側」は広大な「成田山公園」(2011年11月8日・2010年11月12日のブログ参照)があります。
 「成田山新勝寺」にある「釈迦堂」、「光明堂」、「成田山表参道」にある「薬師堂」(2013年5月22日のブログ参照)ですが、「歴代」の「成田山」の「大本堂」です。
 これほどの数の「御堂」が現存している「寺院」は大変珍しく、それぞれの「建物」には「建立時」の「建築様式」を今に伝えており、江戸中期から末期の「建物」である「仁王門」、「三重塔」、「釈迦堂」、「額堂」、「光明堂」の5棟が「国」の「重要文化財」に指定されています。

 「成田山祇園会(ナリタサンギオンエ)」(2013年6月30日のブログ参照)ですが、「成田山新勝寺」の「御本尊」「不動明王」の「本地仏」であり、「成田山新勝寺」「奥之院」に奉安されている「大日如来」に「五穀豊穣」・「万民豊楽」・「所願成就」を祈願する「成田山新勝寺」の「宗教的」な「祭礼」です。
 「成田山祇園会」は、毎年7月7日、8日、9日に執り行われ、「山車・屋台」が巡行する「成田祇園祭」(2015年7月5日・2014年7月2日・2013年7月2日・2012年7月2日・2011年7月3日のブログ参照)と同日に行われていましたが、平成13年(2001年)より7月7日、8日、9日の3日間の直近となる「金・土・日」の3日間の「日程」で、「成田祇園祭」が開催されるようになったそうです。
 今年(2016年)の「平成二十八年成田祇園祭」ですが、7月8日(金)〜10日(日)の3日間、「成田山祇園会」は、7月7日(木)〜10日(日)の4日間にわたって開催されます。
 「成田山祇園会」の「期間中」には、「成田山新勝寺」「成田山奥之院」で斎行される「成田山奥之院特別開扉」や、「成田山新勝寺」「光明堂」で斎行される「天国宝剣加持(アマクニノホウケンカジ)」といった「成田山祇園会」「期間」に限って執り行われている「行事」があり、「期間中」大勢の「皆さん」が「成田山御参詣」に訪れています。

 「成田山祇園会」ですが、300年もの「歴史」があり、江戸時代には「成田山」で管理する「湯殿山権現社(ユドノサンゴンゲンシャ)」を中心とする「祭礼」として執り行われていたそうです。
 「湯殿山権現社」とは、現在の「JR成田駅」「東口交番」の「脇」にある「権現山」と呼ばれる「広場」の一角にある小さな「祠」のことで、遠く「山形県」にある「出羽三山」のひとつである「湯殿山」の「流れ」をくんでいます。
 「成田祇園祭」「初日の夜」、「御輿」が「権現社」を「御旅所(オタビショ)」として一泊した翌朝、「御輿」とすべての「山車・屋台」が「権現社」に集合して「総踊り」が行われているのは、「成田山祇園会」が古くは「湯殿山」の「祭礼」として執り行われていた「故事」にちなんでいるそうです。

 そして、時代の変遷とともに「大日如来」の「祭礼」へと移り、古くは「大日如来」の「御尊体」を捧持して「各町内」を渡御(トギョ)していました。
 今日では、「成田祇園祭」が開催される3日間、「大日如来」を「御尊体」とした「成田山」の「御輿」の「渡御」と併せて、「成田山」とその周辺の9町内、「合計」10台の「豪華絢爛(ゴウカケンラン)」な「山車・屋台」が、賑やかな「お囃子」の「音色」や、「威勢」の良い「掛け声」とともに、「成田山新勝寺」へと続く「成田山表参道」を中心に巡行されています。
 「成田祇園祭」の「期間中」、「成田の街」は「お祭りムード一色」に染まり、「若者達」の「掛け声」と「熱気」に包まれるそうです。

 「御輿」ですが、上述のように「大日如来」を「御尊体」とした「成田山新勝寺」の「御輿」です。
 昔は「門前町」7ヵ町持ち回りで「御輿番」となり、「各町内」の「若者」が担いでいました。
 しかし「各町内」とも、年々「御輿」の「担ぎ手」が不足するようになり、大正9年(1920年)からは「成田山」の「職員」と、「有志」が担ぐようになりました。

 「御輿」が練り歩く「順路」を、「御輿」に先立ち「お化粧」をした「警護」の「稚児一行」が巡行します。
 「警護」の「稚児一行」ですが、翌年「当番町」にあたる「町内」が、この「警護番」を担当し、「小学校」以下の「子供達」が「熨斗目袴(ノシメバカマ)」に「杖」を持ち、「背中」に「花笠」を背負った可憐な「出で立ち」で、「御輿」の「先導役」を務めます。
 「熨斗目袴」とは、「無地」の「絹」の「布」に、「袖」の先や、「腰」のあたりに「格子縞」や、「横縞」を織り成した「着物」の「模様」で、江戸時代に流行したといわれといます。
 現在では、「各町内」によって「稚児」の「衣装」も様々で、「無地」の「袴」に、「町内」の「紋」の入った「着物姿」の「稚児」が多くみられます。
 ちなみに「成田祇園祭」で実際に担がれる「御輿」は、平時には「成田山奥之院」「脇」にある「清龍権現堂(セイリュウゴンゲンドウ)」の「御輿蔵」に安置されており、「成田祇園祭」「開催時」のみ、この「御輿」を拝観することができるそうです。

 「成田山奥之院」ですが、「成田山新勝寺」「光明堂」の「裏手」にあり、「成田山奥之院」は、「石壁」に囲まれた「奥行き」11.15m、「高さ」65cm、「幅」1.41mの「洞窟」で、その中に「大日如来」(「不動明王」の「本地仏」)が安置されています。
 普段は固く閉ざされた「成田山奥之院」の「扉」ですが、「成田山祇園会」の「期間中」にのみ「扉」が開き、「秘仏」の「大日如来」を拝観することができるそうです。
 暗い「祠」の中、「蝋燭(ロウソク)」の「灯明」にぼんやりと照らされる「大日如来」は、ゆらめく「炎」の「流れ」に合わせて「お顔」の「表情」が移ろい、「神秘的」な「雰囲気」が感じられるそうです。
 今年(2016年)の「成田山奥之院特別開扉」ですが、下記の「日程」で、「御本尊」「大日如来」をお参りすることができるそうです。

 「成田山奥之院特別開扉」

 7月7日(木)

 5時30分〜16時00分

 7月8日(金)

 5時30分〜20時00分

 7月9日(土)

 5時30分〜22時00分

 7月10日(日)

 5時30分〜22時00分

 「日本」を代表する「成田」の「名刹」「成田山新勝寺」「奥之院」で斎行される「特別開扉」「成田山奥之院特別開扉」。
 この機会に「成田市」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「成田山奥之院特別開扉」詳細

 開催期間 7月7日(木)〜7月10日(日)

 開催会場 成田山奥之院 成田市成田

 問合わせ 成田山新勝寺 0476-22-2111 (8時〜16時)

 備考
 「成田山奥之院特別開扉」が斎行される「成田山新勝寺」では、「光明堂」にて「天国宝剣(アマクニノホウケン)加持」(天国之宝剣頂戴)(2013年7月4日のブログ参照)が7月7日(木)から7月10日(日)までの「期間」催行され、「期間中」の「各日」8時00分から16時00分まで斎行されるそうです。
 「天国宝剣」ですが、「成田山新勝寺」「開山の祖」「寛朝大僧正」が、「朱雀天皇」より授かった「宝剣」で、「天国宝剣加持」では、「金襴」の「袋」に納められた「宝剣」が、「僧侶」の「手」によって「参詣者」の「身体」にお加持され、「無病息災」を祈願するそうです。
 霊験あらたかな「成田山」「第一」の「霊宝」に直接触れる機会は、「成田山祇園会」の「期間」のみとなるそうです。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=3037 |
| 地域情報::成田 | 10:09 AM |

PAGE TOP ↑

(C) Copyright Inubozaki Kanko Hotel. All rights reserved.