ご予約・お問合せ 0479-23-5111(代) 受付時間)9:00〜20:00 チェックイン)15:30 チェックアウト)10:00
犬吠埼観光ホテルホームページ
波打ちぎわの天然温泉露天風呂
トップページ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


携帯からもご覧いただけます

 

「東庄ポーク&ビア夏祭り」(東庄町)
 本日ご紹介するのは、となりまち「東庄町」「東庄町役場」「駐車場」で8月12日(金)〜14日(日)の期間開催されます「東庄ポーク&ビア夏祭り」です。

 「東庄町」(2012年4月15日・2012年4月5日のブログ参照)は、「千葉県」「北東部」に位置する「まち」で、「首都」「東京」から約80km圏、「成田」から約30km圏の「位置」にあり、「東」は「銚子市」(2010年9月20日のブログ参照)、「南」は「旭市」、「西」は「香取市」と接し、「北」は「利根川」(2011年10月9日のブログ参照)を隔てて、「茨城県」「神栖市」と接しています。
 「東庄町」の「面積」ですが、46.16平方kmで、「東庄町」の「地形」ですが、「東西」に約9km、「南北」に約10.5kmの「台形状」をなしています。
 「東庄町」の「気候」ですが、「表日本温暖気候」に属しており、「東庄町」の「平均気温」は15.5℃で、「冬の間」は「首都」「東京」より2〜3℃暖かく、「夏の間」は逆に涼しい「まち」として知られています。

 「東庄町」ですが、「北西」は「八溝山地」の末端にある「筑波山」を望み、「東庄町」を含む一帯は「水郷筑波国定公園」(2012年8月3日のブログ参照)の区域に属しています。
 「東庄町」の「まち」の「中央」は「北総台地」(下総台地)(2012年7月10日のブログ参照)の一角をなし、「標高」の「最高地点」は「小南状山地先」は56.5m、また「北部」・「南部」に傾斜し「低地」を形成し、「最低地点」は、「笹川港」付近となっており、1.6mとなっています。
 「東庄町」の「低地」は「水田」に利用され、「台地」は斜面が「森林」に、上部の「平地」は「畑作」に利用されています。
 「東庄町」の「集落」ですが、「笹川地区」が「国道356号線」沿いに街区を形成しているほか、それぞれの地区では「集落形態」で分布しています。

 「東庄町」ですが、昭和30年(1955年)7月20日、「笹川町」、「神代村」、「橘村」、「東城村」の「1町3村」が合併し、「東庄町」が誕生しました。
 「東庄町」の「町名」は、昔この地域が「東氏(トウシ)」の「荘園」であったことが由来なのだそうで、その後、昭和31年(1956年)4月に「大字桜井」が「干潟町」(現在の「旭市」)に編入し、現在に至っています。

 「東庄町」「周辺地域」では昭和40年代から昭和60年代にかけての「高度経済成長期」に、「鹿島臨海工業地帯」への「企業進出」と「鹿島港」「開港」、「新東京国際空港」(現在の「成田国際空港」(2012年12月10日のブログ参照))の「開港」、「東関東自動車道」の「延伸」などの「開発」が進み、「成田市」や「茨城県」「神栖市」などの「事業所」に「東庄町」から多くの「人」が就業しています。
 また、「東庄町」でも「東庄工業団地」(宮野台地先)を造成し、昭和62年(1987年)から平成元年(1989年)にかけて「企業」を誘致し、現在では10社の「企業」が操業しており、「身近」な「就業先」として「東庄町民」の「受け皿」となっています。
 平成22年(2010年)に「東庄町民」の「皆さん」を「対象」に実施した「アンケート」では、「まち」の「誇り」として「自然」が「上位」に挙げられました。
 「東庄町」に住む「皆さん」が「愛着」を持つ「豊富」な「自然環境」を「大切」にしながら、「東庄町」では、「バランス」よく「地域」を発展させていくことが求められています。

 「東庄町」では、上記のように「畜産業」も盛んに営まれており、「東庄」の豊かな「自然」の「恵み」と、人一倍の「豚」への「愛情」と、「こだわり」が、「東の匠SPF豚」の「品質」と、「美味しさ」を守り育んできました。
 「東の匠SPF豚」の「詳細」ですが、下記の通りとなっています。

 「美味しい肉には、豊かな表情がある」

 と著名な料理人の方が話しているのを聞いたことがあります。
 農場で育成された豚の肉は、農場で働いている人たちの豚に対する愛情の深さや、丹精こめて育てる情熱が質や美味しさを決めるとも語っていました。
 届けられた食材である豚肉が語りかけてくる事に目をかたむけて、最善の料理法を考えお客様に提供することが、厨房を預かる料理人の仕事なのだそうです。
 そんな料理人の方に納得していただける良質な豚肉を、一人でも多くの人たちに味わってもらいたいと、私たちは豚の育成という仕事に取り組んでいます。

 12人の豚を育成する匠たちが、追い求める上質な味わい

 豚本来の美味しさを決める、白く甘味のある脂身と歯切れの良い味わい深い赤みの絶妙なマッチングは、健康で元気な豚を育てることで生まれます。
 緑の多い田園地帯のなかにある、手入れの行き届いた過ごしやすいゆったりとした施設で、のんびりと豚と付き合い見守ることが私たちの基本です。

 消費者の様々なニーズに応える為、定期的に開かれる試食会

 JAかとり東庄SPF研究会では、定期的に試食会も開き、生産者名を伏せて純粋に豚肉の味を判断します。
 研究会メンバー12人の他に、取引業者なで約40人が参加します。
 調理法は肉本来の味が分かるしゃぶしゃぶ。
 皿にごっそりと盛られた豚肉はA・B・C・Dの4種類。
 におい、歯ざわり、硬さ、さらに味などをアンケート用紙に。
 毎回厳しい意見や感想が真剣に寄せられています。

 また「東庄町」では、「安心・安全健康美容豚」「林SPF」が生産されています。
 「林SPF」ですが、「健康」が約束された「血統SPF豚」だそうです。
 本来「豚」は「母親」(母豚)の「お腹」から「産道」を通って出てくる時に、「母豚」の持っている「豚特有」の「病原菌」を持って生まれてきてしまうそうです。
 「病原菌」とは、「マイコプラズマ肺炎」(Mycoplasmal Pneumonia)、「トキソプラズマ感染症」(Toxoplasmosis)、「オーエスキー病」(Aujeszky's Disease)、「萎縮性鼻炎」(Atrophic Rhinitis)、「豚赤痢」(Dysentery)の5つだそうです。
 この5つの大きな「特定病原菌」を「母豚」の「お腹」を「帝王切開」して取り出すことで排除した「豚」のことを「SPF豚」といい、「林SPF」は、この「SPF豚」の「曾孫豚」になるそうです。
 「林SPF」ですが、「一般」の「豚」とは違い、生まれながらにして「健康」なので、その分「スムーズ」に成長する「特徴」を持っています。
 そのため、「油脂を含んだエサを食べさせたりしないと太らない(大きくならない)」といった事もなく、「穀物」中心の「エサ」でもぐんぐん大きくなり、「臭み」もなく柔らかい「肉」になるそうです。
 「林SPF」は、「病気」による「ストレス」がないため、「ワクチン」や「抗生物質」も少なく育つ、まさに「健康優良児」であり、一番の「特徴」は、「良質」な「穀物」中心の「飼料」を与えることができ上がる、「肉の柔らかさ」、「脂の甘さ」、「軽さ」、「美味しさ」だそうです。
 ※よく誤解を生んでしまうことですが、属にいう「無菌豚」という「豚」は存在しません。
 ※また、豚肉は生では食べられません。
 ※無菌なのはあくまで母豚のお腹の中だけで、生まれてきた後は衛生管理に最大限配慮された農場で大自然の中、すくすくと育っているそうです。

 「東庄ポーク&ビア夏祭り」ですが、今年(2016年)初めての「開催」の、美味しい「豚肉」と、「ビール」で盛り上がる「ビアガーデン」だそうです。
 「東庄ポーク&ビア夏祭り」の「会場」ですが、「東庄町役場」「駐車場」となっており、「東庄ポーク&ビア夏祭り」「期間」ですが、8月12日(金)から8月14日(日)までの3日間となっています。
 「東庄ポーク&ビア夏祭り」では、楽しい「イベント」盛り沢山で、「お盆休み」は「東庄町」へ行こうと「来場」を呼びかけています。

 「東庄ポーク&ビア夏祭り」では、「飲食」・「縁日」が「チケット制」で行われ、「飲食・縁日チケット」の「前売り」は、1枚300円・10枚綴りなら2700円と1割お得になっています。
 「東庄ポーク&ビア夏祭り」「前売りチケット」の「販売」ですが、「東庄町観光協会」「事務局」(東庄町役場産業振興係)(0478-86-6076)となっています。

 「東庄ポーク&ビア夏祭り」に出店される「店舗」は、下記の通りです。

 出店日が8月12日(金)・13日(土)・14日(日)の店舗名・料理

 「ギゼーム・ジュテーム」 スペアリブ・ローストポーク

 「田谷ミートセンター」 もつ焼き、フランクソーセージ

 「肉のハヤシ」 タン、ハツの塩焼き、串焼き

 「商工会」 餃子、メンチ、コロッケ

 「安八青果」 唐揚げ、フランクフルト、フルーツ、かき氷、おでん、ポップコーン、焼きとうもろこし

 「コスモス会」 焼きそば

 「東庄町商工会イベント部」 ハム焼き・ピクルス

 「ロイヤルインドレストラン」 インドカレー、ナン、タンドリチキン

 「又兵衛」 もつ煮、焼き鳥、かき氷、たこ焼き、ポテト

 「お好み焼轟」 お好み焼き、豚玉

 「オークラ千葉ホテル」 和・洋・中ホテルのオリジナルブッフェ

 「ちば食・良品」 とんかぶ、かき氷

 「八木清商店」 トンテキ塩焼きそば

 「本部」 枝豆等

 出店日が8月12日(金)・13日(土)の店舗名・料理

 「商工会青年部」 東庄焼き

 「いもや」 ウインナー、ポテトフライ、ポップコーン

 「しばちゃんの台所」 バラ焼肉、焼き餃子、チャーシュー

 出店日が8月13日(土)の店舗名・料理

 「東総食肉センター」 焼肉(ロース・バラ)

 出店日が8月14日(日)の店舗名・料理

 「魚信家」 とんかつロール

 出店日が8月12日(金)・13日(土)・14日(日)のキッチンカー・料理

 「千葉うまかっ部屋」 丼ぶり、串焼、かき氷

 出店日が8月13日(土)・14日(日)のキッチンカー・料理

 「ピッザリア オアジ」 ベーコンピザ、その他ピザ

 出店日が8月12日(金)・13日(土)・14日(日)の縁日・内容

 綿菓子、スーパーボールすくい、輪投げ、型抜き、千本釣り

 また「東庄ポーク&ビア夏祭り」では、「ステージイベント」も開催され、「ステージイベント」「詳細」は、下記の通りです。

 8月12日(金)

 西田あい さん(東庄町アイベリーいちご大使)(2015年3月19日のブログ参照)

 19時00分〜19時30分

 8月13日(土)

 早見優 さん

 19時00分〜19時30分

 「東庄町役場」「駐車場」で開催される初開催となる「夏祭りイベント」「東庄ポーク&ビア夏祭り」。
 この機会に「東庄町」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「東庄ポーク&ビア夏祭り」詳細

 開催期間 8月12日(金)〜8月14日(日)

 開催時間 15時〜21時 8月12日(金)のみ17時〜21時

 開催会場 東庄町役場駐車場 香取郡東庄町笹川い4713-131

 問合わせ 東庄町まちづくり課産業振興係 0478-86-6076

 備考
 「東庄ポーク&ビア夏祭り」ですが、「東庄町」×「旭市」の「共同開催」で催行されるそうです。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=3095 |
| 地域情報::香取 | 10:52 AM |

 
PAGE TOP ↑

(C) Copyright Inubozaki Kanko Hotel. All rights reserved.