ご予約・お問合せ 0479-23-5111(代) 受付時間)9:00〜20:00 チェックイン)15:30 チェックアウト)10:00
犬吠埼観光ホテルホームページ
波打ちぎわの天然温泉露天風呂
トップページ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


携帯からもご覧いただけます

 

「県民の日」「有料施設の無料開放」(東庄町)
 本日ご紹介するのは、となりまち「東庄町」「千葉県立東庄県民の森」で6月11日(土)・12日(日)に開催されます「県民の日」「有料施設の無料開放」です。

 「千葉県立東庄県民の森」(2011年4月22日のブログ参照)は、「緑」豊かな「下総台地」(北総台地)(2012年7月10日のブログ参照)にあり、「自然環境」の豊かなところにあります。
 「千葉県立東庄県民の森」内には、「硬式用テニスコート」が2面、5人立て専用の「弓道場」があり、「緑」豊かな「自然」の中で、「テニス」が楽しめたり、厳(オゴソ)かに「弓道」を楽しむことができます。

 「千葉県立東庄県民の森」の「区域面積」は、100ha(ヘクタール)で、「千葉県」の「北部」を流れる「利根川」(2011年10月9日のブログ参照)に近く、上記のように「緑」豊かな「下総台地」(北総台地)にあって、「眼下」に「干潟八万石」の「大水田地帯」や遠く「九十九里浜」(九十九里海岸)(2012年5月11日のブログ参照)を望むことができます。
 「千葉県立東庄県民の森」には、「芝生広場」、「水鳥観察舎」などもあり、その他にも「森林館」(管理事務所)、「ふるさと館」、「展望台」、「フィールドアスレチック」、「水鳥広場」、「野鳥の広場」、「お花見広場」、「つどいの森」、「八万石見晴台」、「森の教室」、「花しょうぶ園」、「樹木園」などがあります。

 「芝生広場」は、「芝生」の広々とした「広場」で、「春」には「花見」ができるそうです。
 「水鳥観察舎」は、「夏目堰」を訪れる「水鳥」の「バードウォッチング」のための「観察舎」です。
 「森林館」(管理事務所)は、「千葉県立東庄県民の森」「園内」の「案内」や、「自然」の「解説」、「バーベキュー」の「申し込み」などを行っている「施設」です。
 「森林館」(管理事務所)には、「木工」のできる「道具」の揃った「木工室」があるそうです。
 「ふるさと館」は、「集会」のできる「多目的」な「建物」です。
 「フィールドアスレチック」は、「芝生広場」のなかにある「遊び場」です。
 「水鳥広場」は、「夏目堰」を望む「広場」で、「野鳥の広場」は、「水田」と、「池」のある「バードウォッチング」が楽しめる「広場」となっています。

 「千葉県立東庄県民の森」「周辺」の「夏目堰」は、「カモ」や「白鳥」などの「水鳥」が多数飛来しており、「千葉県立東庄県民の森」「水鳥観察舎」からも「観察」ができるので、「四季折々」の「バードウォッチング」が楽しめる「スポット」として知られています。
 「夏目堰」は、もとは「椿海」(2011年4月17日のブログ参照)「潟湖」の「一部」でしたが、「椿海」「周辺」は江戸時代に干拓され、現在は「干潟八万石」といわれる「大水田地帯」になっています。

 「千葉県立東庄県民の森」は、「県土」の「自然」を守り、多くの「県民」が「森林」と親しみ、「森林」を知り、その「恵み」を受けながら、「自然」と共に生きる「心」の「創造」を目指して造られたものです。
 このため「千葉県立東庄県民の森」は、「森林」での「学習」、「レクリエーション」、「スポーツ」、「文化活動」、「林業体験」など、「森林」の「総合利用」を図る「施設」として整備されています。

 「千葉県立東庄県民の森」の「予約施設」ですが、「テニスコート」、「弓道場」、「バーベキュー広場」となっています。
 「千葉県立東庄県民の森」「テニスコート」は、上記のように2面の「オムニコート」で、「弓道場」は、5人立の「道場」となっており、「バーベキュー広場」では、「芝生広場」を臨みながらのびのびと「バーベキュー」を楽しむことができるそうです。
 「千葉県立東庄県民の森」「予約施設」の「施設区分」、「料金」は、下記の通りです。

 「千葉県立東庄県民の森」「予約施設」一覧

  施設区分・料金

 テニスコート(2面)

 1面2時間1200円

 弓道場

 (専用使用) 半日毎900円
 (共同使用) 1人半日毎150円

 バーベキュー場

 使用料 1区画1回につき1000円
 利用料 バーベキューセット一式(鉄板・プロパンガスコンロ)/4歳以上1人につき/250円
 貸出料 まな板、包丁など1点につき/100円

 ※団体での利用の場合は、事前に問い合わせください。

 「千葉県民の日」(2011年6月3日のブログ参照)は、文字通り「千葉県」の「記念日」で、昭和58年(1983年)に「千葉県」の「人口」が500万人を突破したことを記念して、6月15日を

 「県民が郷土を知り、ふるさとを愛する心を育み共に次代に語りうるより豊かな千葉県を築くことを期する日」

 として昭和59年(1984年)に制定されました。
 ちなみに何故6月15日が「県民の日」なのかですが、明治6年(1873年)6月15日に「木更津県」と、「印旛県」が合併して「千葉県」が誕生したことに由来しているそうです。
 「千葉県」では、「県民の日」を記念して、6月15日を中心に様々な「イベント」や、「県内施設」などの「割引」や、「無料開放」を実施しています。

 「千葉県」では、上記のように毎年6月15日の「県民の日」を記念し、「千葉県」の「魅力」を再発見し、「千葉」を愛する「心」を育てるため、「各地域」で様々な「行事」を実施しています。
 「県民の日」「有料施設の無料開放」ですが、「千葉県立東庄県民の森」の「県民の日」「企画」で、6月11日(土)・12日(日)に開催されます。
 「県民の日」「有料施設の無料開放」の「開始時間」ですが、9時00分から、「終了時間」ですが、16時30分までとなっており、「県民の日」「有料施設の無料開放」では、9時00分から16時30分まで「無料開放」されるそうです。。
 「県民の日」「有料施設の無料開放」の「実施内容」ですが、「千葉県立東庄県民の森」内にある「施設」の「テニスコート」と、「弓道場」の「無料開放」となっています。
 「県民の日」「有料施設の無料開放」の「参加費」ですが、上述のように「無料」、「要事前申込」となっており、「定員」は20人程度となっています。

 「自然」あふれる「千葉県立東庄県民の森」で開催される「県民の日賛同行事」である「県民の日」「有料施設の無料開放」。
 この機会に「東庄町」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「県民の日」「有料施設の無料開放」詳細

 開催日  6月11日(土)・12日(日)

 開催会場 千葉県立東庄県民の森 香取郡東庄町小南639

 問合わせ 千葉県立東庄県民の森 0478-87-0393

 備考
 「千葉県」では、「県民の日かとり」(平成28年)の「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」を行うそうです。
 「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」ですが、「イベント期間中」、「香取地域」と、「近隣地域」の26カ所に「スタンプ」を設置し、「スタンプ」を集めて応募していただいた「方」へ、「抽選」で「イベント限定」の「賞品」をプレゼントするそうです。
 「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」「スタンプ設置場所」ですが、「東国三社」(2010年10月23日のブログ参照)と呼ばれる「香取神宮」(2010年11月5日・6日のブログ参照)、「鹿島神宮」(2010年11月8日・9日・10日のブログ参照)、「息栖神社(イキスジンジャ)」(2010年11月7日のブログ参照)や、「香取郡」「多古町」の「中村檀林」「正東山日本寺」(2010年12月30日のブログ参照)と、「匝瑳市」の「飯高檀林」「妙雲山飯高寺」(2011年10月7日・4月22日・2010年10月9日のブログ参照)、2つの「あやめまつり」が開催される「水郷佐原水生植物園」(2012年5月24日・4月26日のブログ参照)と、「水郷潮来観光協会」などとなっており、「香取地域」とあわせて訪れたい「近隣地域」にも協力いただ
き「スタンプ」を設置したそうです。
 「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」の「開催期間」ですが、5月28日(土)から7月31日(日)までとなっており、「スタンプ」は、「各設置場所」の「営業時間」・「開館時間」内のみ設置しているそうです。
 「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」「スタンプ設置場所」は、下記の通りです。

 香取神宮(香取市)

 伊能忠敬記念館(香取市)(2012年4月21日・1月29日・2011年3月8日のブログ参照)

 水郷佐原山車開館(香取市)(2013年1月2日のブログ参照)

 道の駅水の郷さわら(香取市)(2013年3月19日・2012年3月29日のブログ参照)

 水郷佐原水生植物園(香取市)

 道の駅くりもと「紅小町の郷」(香取市)(2013年4月30日・2012年4月28日・3月28日のブログ参照)

 農産物直売所&レストラン風土村(香取市)(2013年3月1日・2012年2月26日のブログ参照)

 成田観光館(成田市)

 水産物卸売センターウオッセ21(銚子市)(2011年4月26日・2010年8月25日のブログ参照)

 妙雲山飯高寺(旧・飯高檀林)

 水郷潮来観光協会(茨城県潮来市)

 道の駅いたこ(茨城県潮来市)(2013年6月16日のブログ参照)

 鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)

 息栖神社(茨城県神栖市)

 道の駅発酵の里こうざき(香取郡神崎町)(2015年4月28日のブログ参照)

 神崎神社(香取郡神崎町)(2011年10月20日のブログ参照)

 神崎ふれあいプラザ(香取郡神崎町)(2015年2月16日のブログ参照)

 わくわく西の城(香取郡神崎町)

 道の駅多古あじさい館(香取郡多古町)(2011年12月24日のブログ参照)

 正東山日本寺(旧・中村檀林)(香取郡多古町)

 多古町コミュニティプラザ(香取郡多古町)(2014年2月13日のブログ参照)

 妙印山妙光寺(香取郡多古町)

 天保水滸伝遺品館(香取郡東庄町)

 千葉県立東庄県民の森(香取郡東庄町)(2011年4月22日のブログ参照)

 利根川河口堰管理事務所(香取郡東庄町)(2015年7月28日のブログ参照)

 東庄町公民館(香取郡東庄町)(2016年2月25日のブログ参照)

 「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」の「賞品」は、下記の通りです。

 A賞・スタンプ15個

 A賞 1

 第120回水郷おみがわ花火大会桟敷席(最大6人用) 2名様

 8月1日(月) 7時00分〜 雨天順延

 ※この賞品のみ応募締切は7月15日(金)当日消印有効

 「水郷おみがわ花火大会」(2015年7月31日・2014年7月31日・2013年7月31日・2012年7月29日・2011年7月28日・6月15日・2010年7月28日のブログ参照)は、関東でも有数の歴史と規模を誇ります。
 第1回は明治41年、水郷の商都として町がますます発展することを祈念して開催されました。

 ※交通費等は賞品に含まれません。各自でのご負担となります。

 A賞 2

 香取の酒蔵飲みくらべセット 4名様(未成年者へは発送できません)

 香取地域にある蔵元(東薫酒造・馬場本店酒造・寺田本家・鍋店・飯田本家・神明酒造)のお酒を揃えました。

 B賞 スタンプ10個

 B賞 1

 正東山日本寺のアジサイ記念植樹 6名様

 レア感いっぱい!お好きな品種をあなたの手で。
 名前やメッセージを入れたプレートも設置できます。

 B賞 2

 発酵の里いちおし全国発酵食品セット 6名様

 「たまりピーナッツ」、「そのまま食べるかつおスライス」、みそかりんとう、国産有機丸大豆使用の有機醤油、国産紅茶などのセット。

 B賞 3

 東庄町産豚肉加工品セット 6名様

 C賞 スタンプ5個

 C賞

 サッポロビール千葉工場見学2名様ご招待券&麦とホップ6缶セット 30名様(未成年者へは発送できません)

 設備の見学だけではなく、「黒ラベル」誕生秘話や原料や製造へのこだわりを紹介。できたてをテイスティングできます。
 当選者ご自身で予約の上参加いただくものです。希望の日時が満員の場合もあります。(詳細は招待券へ記載します。)
 サッポロビール千葉工場は、県内唯一の大手ビール工場で、全国のサッポロビールの約40%を製造しています。

 Wチャンス賞

 A賞〜C賞の抽選にもれた方の中から、70名様にプレゼントします。

 特注KaToRi線香 70名様
 明治43年創業の和歌山県の老舗こだわりの蚊取り線香です。
 天然除虫菊を原料とし、香りはやさしく、お子さまにも安心なうえ、蚊を落とす力は合成品に比べて速効性があります。
 GuRuGuRu.KaToRi.限定パッケージ。

 和歌山県は、蚊取り線香発祥の地とされ、現在も生産高日本一です。

 「香取地域スタンプラリー」「GuRuGuRu.KaToRi.」の「応募締切」は、8月5日(金)「当日消印有効」となっており、上記のように「水郷おみがわ花火大会桟敷席」の「抽選」に応募する「方」は7月15日(金)「当日消印有効」となっています。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=3027 |
| 地域情報::香取 | 06:31 PM |
「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」(成田市)
 本日ご紹介するのは、近隣市「成田市」「宗吾霊堂」で6月5日(日)〜26日(日)の期間開催されます「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」です。

 「成田市」は、「面積」約214平方km、「人口」は132194人(平成28年4月末日現在)で、「千葉県」の「北部中央」に位置する「中核都市」です。
 「成田市」の「北」は、とうとうと流れる「坂東太郎」・「利根川」(2011年10月9日のブログ参照)をへだてて「茨城県」と接し、「西」は「県立自然公園」に指定されている「印旛沼」(2011年2月3日のブログ参照)、「東」は「香取市」と接しています。
 「成田市」の「西側」には「根木名川」、「東側」には「大須賀川」がながれ、それらを取り囲むように広大な「水田地帯」や肥沃(ヒヨク)な「北総台地」(下総台地)(2012年7月10日のブログ参照)の「畑地帯」が広がっています。

 「成田市」「北部」から「東部」にかけての「丘陵地」には「工業団地」や「ゴルフ場」が点在し、「成田市」の「南」には「日本の空の玄関口」(WORLD SKY GATE)・「成田国際空港」(2012年12月10日のブログ参照)があります。
 また「成田市」の「中心部」である「成田地区」は1000年以上の「歴史」がある「成田山新勝寺」(2010年11月14日・15日・16日のブログ参照)の「門前町」として栄え、毎年多くの「参拝者」で賑わいます。
 「成田市内」にはほかにも数多くの「寺社」が点在しており、「成田市」は、豊かな「水」と「緑」に囲まれ、「伝統的」な「姿」と「国際的」な「姿」が融和した「都市」として知られています。

 「成田市」は、平成18年(2006年)3月27日、「香取郡」「下総町」、「香取郡」「大栄町」の2町が合併し、新生「成田市」が誕生、「北総台地」(下総台地)の「中核都市」としてさらなる飛躍を果たしました。
 かつての「田園観光都市」「成田」は、「信仰のまち」としての「顔」と、「経済」、「文化」の様々な「分野」での「国際交流」の「拠点」として、「国際交流都市」の「顔」をもつ「まち」へと大きく変貌しています。

 「宗吾霊堂」(2010年12月23日のブログ参照)こと「鳴鐘山東勝寺」は、「宗吾様」の「名」で親しまれる「成田」の「古刹」で、9月「第1土・日曜日」に開催される「御待夜祭」(2013年9月6日・2012年8月30日・2011年8月31日のブログ参照)や、「成田」の「紫陽花の名所」(2011年6月11日のブログ参照)として知られています。
 「宗吾霊堂」の「開基」は古く、「桓武天皇」の時代、「征夷大将軍」・「坂上田村麻呂」が、「房総」を平定した時に、「戦没者供養」のために「宗吾霊堂」が「建立」されたといわれる「真言宗豊山派」の「寺院」です。
 「宗吾霊堂」は、江戸時代の「義民」「佐倉宗吾」(木内惣五郎)様が祀られている「お寺」ですが、「寺名」は上記のように「鳴鐘山東勝寺」と言います。
 ちなみに「佐倉宗吾」様は、江戸時代「佐倉藩」「藩主」の「苛政」を、「徳川四代将軍」の「徳川家綱」に直訴し、その結果「藩主」の「苛政」は納められたものの、直訴した「佐倉宗吾」様や、「一族」は「刑」に処されてしまったそうです。
 その後100年後、宝暦2年(1752年)、「佐倉藩」は、その「失政」を悔い、「佐倉宗吾」(木内惣五郎)の「名誉」を回復したそうで、「義民」・「佐倉宗吾」様の「霊」が祀られていることから「鳴鐘山東勝寺」は、「宗吾霊堂」または、「宗吾様」と広く呼ばれています。
 「成田」といえば、「成田山新勝寺」が「先」に思い浮かぶ「方」もいらっしゃると思いますが、「成田山新勝寺」は、「鳴鐘山東勝寺」より「新しい寺」という「意味」で、「新 勝 寺」という「名」がつけられているそうです。

 「宗吾霊堂」「大本堂」「裏手」には、7000株を数える「あじさい園」があります。
 「宗吾霊堂」「あじさい園」には、「在来アジサイ」をはじめ、「ガクアジサイ」、「柏葉アジサイ」など「様々」な「紫陽花(アジサイ)」が植えられています。

 「紫陽花」の「学名」ですが、「水の容器」という「意味」の「hydrangea」(ハイドランジア)。
 まさに「雨の季節」に「水」を湛(タタ)えて咲く「花の名」にぴったりで、「紫陽花」は6月から7月の「梅雨時」に、「青紫」から「赤紫」や、「白」などの美しい「花」を咲かせています。
 「紫陽花」は、移り行く「色」の「グラデーション」は大変美しく、「色」とりどりの「花々」は、「私たち」の「目」を楽しませてくれます。

 「宗吾霊堂」には、「柏葉アジサイ」が1000株以上植えられており、これだけ多くの「柏葉アジサイ」を見られる「場所」は少なく、白く輝くように咲く「柏葉アジサイ」の「花」は「私たち」を楽しませてくれています。
 「柏葉アジサイ」ですが、「柏の葉」に似た「葉」をもち、白い「花弁」が集まり、「鈴なり」に「花」をつけます。
 「柏葉アジサイ」の「花」は、「神楽」を舞う時に用いる「神楽鈴」にも似ており、「雨粒」にうたれると、「鈴」を鳴らすかのように、たおやかにゆれ動くそうです。
 「宗吾霊堂」では、「木々」の間からさす「木漏れ日」を感じ、柔らかな「土」の「感触」を楽しめ、訪れる「人々」に「安らぎ」を与えてくれる「時間」が流れ、「花」と、「緑」に包まれながら、「園内」をゆったりと散策される「方」が多く訪れています。

 「紫陽花」が咲き誇る「宗吾霊堂」では、6月5日(日)から6月26日(日)の「期間」「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」が催(モヨオ)され、「期間中」の「各日曜日」には、「各種イベント」を開催するそうです。
 今年(2016年)で「11回目」を迎える「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」「期間中」の「イベント」ですが、「お茶会」、「演奏会」、「あじさいの販売」、「農産物の販売」、「さつきの展示・販売」となっています。
 なお、「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」ですが、「東日本大震災復興支援」として開催されるそうです。

 「お茶会」ですが、「宗吾霊堂」「旧客殿」での「お茶会」で、10時00分から15時00分(14時30分受付終了)まで行われる「催し」です。
 「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」「お茶会」では、「宗吾霊堂」「大本堂」での、「筝(ソウ)」・「尺八(シャクハチ)」や、「二胡(ニコ)」の「演奏」の「音色」も涼やかに、「本格的」な「抹茶」と、「お菓子」を「無料」でお召し上がりいただけるそうです。
 また「お茶会」ですが、はじめての「方」でも、お気軽に参加できるそうです。

 「お茶会」

 開催時間 10時00分〜15時00分(14時30分受付終了)

 開催場所 宗吾霊堂 旧客殿

 内容

  6月5日(日) 平山 宗洋 先生 (表千家)

 6月12日(日) 今枝 宗幸 先生 (裏千家)

 6月19日(日) 滝澤 宗理 先生 (石洲流 不昧派)

 6月26日(日) 郡司 宗修 先生 (表千家)

 「演奏会」ですが、「宗吾霊堂」「大本堂」で、11時00分からと、13時30分からの1日2回行われる「催し」です。
 「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」「演奏会」では、「初夏」の「風」を感じながら、「風流」な「演奏会」を楽しめ、雅(ミヤビ)な「音色」を堪能できるそうです。

 「演奏会」

 開催時間 11時00分〜 13時30分〜

 開催場所 宗吾霊堂 大本堂

  6月5日(日) 筝 清翔会・尺八 竹樹会

 6月12日(日) 筝 清翔会・尺八 竹樹会

 6月19日(日) 二胡 王霄峰

 6月26日(日) 二胡 王霄峰

 「あじさいの販売」ですが、6月5日(日)と、6月12日(日)、6月19日(日)、6月26日(日)(予定)に行われる「催し」です。
 「あじさいの販売」は、「鉢植え」のほか、「苗木」なども用意される予定となっており、「あじさい」がなくなり次第、「終了」となるそうです。

 「あじさいの販売」

  6月5日(日) 10時00分〜15時00分

 6月12日(日) 10時00分〜15時00分

 6月19日(日) 10時00分〜15時00分

 6月26日(日) 10時00分〜15時00分

 「農産物の販売」・「さつきの展示・販売」ですが、10時00分から15時00分まで行われる「催し」です。
 「農産物の販売」・「さつきの展示・販売」は、毎回「好評」の「催し」で、「地元」で採れた「新鮮」な「野菜」が並べられ、用意した「品物」が完売してしまうこともあるそうですので、お早めにお求めになることをお勧めしています。
 また「農産物の販売」・「さつきの展示・販売」では、珍しい「紫陽花」や、「山野草」、「さつき」などが「展示」・「販売」され、「催し」は「宗吾さつき愛好会」の「皆様」によって「丹精」込めて育てられた「可憐」な「花々」をじっくりと楽しめるそうです。

 開催時間 10時00分〜15時00分

 開催場所 宗吾霊堂 境内設置のテント内

 内容

  6月5日(日) まこも

 6月12日(日) 産直館

 6月19日(日) まこも

 6月26日(日) JA成田市農産物直売所

 かとり3団体

 ・伊能歌舞伎米研究会
 ・大栄産直センター
 ・JAかとり大栄経済センター

 「義民」「佐倉宗吾」(木内惣五郎)様を祀る「成田の古刹」「宗吾霊堂」で開催される「成田の花」「紫陽花」を愛でる「恒例」の「イベント」「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」。
 この機会に「成田市」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「第11回宗吾霊堂紫陽花まつり Sogo Reido Sanctuary Hydrangea Festival」詳細

 開催期間 6月5日(日)〜26日(日)

 開催会場 宗吾霊堂 成田市宗吾1-558

 問合わせ 成田市観光協会 0476-22-2102

 備考
 「成田市」では、「市制施行40周年」を記念して平成6年(1994年)4月、誰もが親しみやすく栽培しやすい「成田市」の「シンボル」となる「市の花」に「あじさい」を選定しています。
 「成田市」の「花」「あじさい」ですが、「宗吾霊堂」、「さくらの山公園」(2015年3月23日のブログ参照)のほか、「しもうさ七福神」(2012年1月18日のブログ参照)のひとつに選定されている「乗願寺」にも咲き誇っているそうです。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=2996 |
| 地域情報::成田 | 09:43 AM |

 
PAGE TOP ↑

(C) Copyright Inubozaki Kanko Hotel. All rights reserved.