ご予約・お問合せ 0479-23-5111(代) 受付時間)9:00〜20:00 チェックイン)15:30 チェックアウト)10:00
犬吠埼観光ホテルホームページ
波打ちぎわの天然温泉露天風呂
トップページ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


携帯からもご覧いただけます

 

「サツマイモの植え付け&お好み焼き」(東庄町)
 本日ご紹介するのは、となりまち「東庄町」「千葉県立東庄県民の森」で5月15日(日)に開催されます「サツマイモの植え付け&お好み焼き」です。

 「千葉県立東庄県民の森」(2011年4月22日のブログ参照)は、「緑」豊かな「下総台地」(北総台地)(2012年7月10日のブログ参照)にあり、「自然環境」の豊かなところにあります。
 「千葉県立東庄県民の森」内には、「硬式用テニスコート」が3面、「5人立て専用」の「弓道場」があり、「緑」豊かな「自然」の中で、「テニス」が楽しめたり、厳(オゴソ)かに「弓道」を楽しむことができます。

 「千葉県立東庄県民の森」の「区域面積」は、100ha(ヘクタール)で、「千葉県」の「北部」を流れる「利根川」(2011年10月9日のブログ参照)に近く、上記のように「緑」豊かな「下総台地」(北総台地)にあって、「眼下」に「干潟八万石」の「大水田地帯」や遠く「九十九里浜」(九十九里海岸)(2012年5月11日のブログ参照)を望むことができます。
 「千葉県立東庄県民の森」には、「芝生広場」、「湿地植物園」、「水鳥観察舎」などもあり、その他にも「森林館」(管理事務所)、「ふるさと館」、「展望台」、「フィールドアスレチック」、「水鳥広場」、「お花見広場」、「森の教室」、「花しょうぶ園」、「樹木園」、「見晴し台」などがあります。

 「千葉県立東庄県民の森」「周辺」の「夏目堰」は、「カモ」や「白鳥」などの「水鳥」が多数飛来しており、「千葉県立東庄県民の森」「水鳥観察舎」からも「観察」ができるので、「四季折々」の「バードウォッチング」が楽しめる「スポット」として知られています。
 「夏目堰」は、もとは「椿海」(2011年4月17日のブログ参照)「潟湖」の「一部」でしたが、「椿海」「周辺」は江戸時代に干拓され、現在は「干潟八万石」といわれる「大水田地帯」になっています。

 「千葉県立東庄県民の森」は、「県土」の「自然」を守り、多くの「県民」が「森林」と親しみ、「森林」を知り、その「恵み」を受けながら、「自然」と共に生きる「心」の「創造」を目指して造られたものです。
 このため「千葉県立東庄県民の森」は、「森林」での「学習」、「レクリエーション」、「スポーツ」、「文化活動」、「林業体験」など、「森林」の「総合利用」を図る「施設」として整備されています。

 「サツマイモ」(薩摩芋、学名・Ipomoea batatas)は、「ヒルガオ科サツマイモ属」の「植物」、あるいはその「食用部分」である「塊根(カイコン)」(養分を蓄えている肥大した根)で、「別名」に、「甘藷(カンショ)」、「唐芋(カライモ、トウイモ)」、「琉球薯(リュウキュウイモ)」等があり、「近縁」の「植物」に、「アサガオ」や、「ヨウサイ」(アサガオ菜)があります。

 「サツマイモ」の「花」は「ピンク色」で「アサガオ」に似ていますが、「鈍感」な「短日性」であるため「本州」などの「温帯地域」では開花しにくく、「品種」や、「栽培条件」によってまれに開花する程度だそうです。
 また、「花の数」が少なく受粉しにくい上に、「受粉後」の「寒さ」で枯れてしまう事が多い為、「品種改良」では「種子」を効率よく採るために「アサガオ」など「数種類」の「近縁植物」に接木(ツギキ)して、「台木」から送られる「養分」や、「植物ホルモン」等の働きによって「開花」を促進する「技術」が使われるそうです。
 1955年(昭和30年)に「西山市三」氏が「メキシコ」で「祖先」に当たる「野生種」を見つけ、「イポメア・トリフィーダ」と名付け、後に他の「学者達」によって「中南米」が「原産地」とされたそうです。
 「サツマイモ」は、若い「葉」と、「茎」を利用する「専用」の「品種」もあり、「主食」や、「野菜」として「食用」にされ、「原産」は「南アメリカ大陸」、「ペルー熱帯地方」とされているそうです。
 その後、「サツマイモ」は、「スペイン人」或いは「ポルトガル人」により「東南アジア」に導入され、「ルソン島」(フィリピン)から「中国」を経て、1597年(慶長2年)に「宮古島」へ伝わり、17世紀の初め頃に「琉球」、「九州」、その後「八丈島」、「本州」と伝わったそうです。
 「サツマイモ」は、「アジア」においては「外来植物」であり、「中国」(唐)から伝来した「由来」により、特に「九州」では「唐芋」とも呼ばれる場合が多いそうです。

 「サツマイモ」は、「ニュージーランド」へは10世紀頃に伝播し、「クマラ」(kumara)の「名称」で広く消費されており、「西洋人」の「来航」前に既に「ポリネシア域内」では広く栽培されていたため、「古代ポリネシア人」は「南米」までの「航海」を行っていたのではないかと推測されています。
 「イギリス」ではエリザベス朝のころに、その「甘さ」から「好意的」に受け入れられたそうです。
 「イギリス人」はこの「芋」を「ペルー」での「塊根」を意味する「言葉」「batata」から「patate」と呼んだそうで、18世紀末に甘くない「ジャガイモ」(potato)が「一般化」するにつれ、「サツマイモ」は「Sweet potato」と呼ばれるようになったそうです。

 「サツマイモ」は「繁殖能力」が高く「窒素固定細菌」「クレブシエラ オキシトーカ」(Klabsiella oxytoca)、「パントエア アグロメランス」(Pantoea agglomerans)などとの「共生」により「窒素固定」が行われるため痩せた「土地」でも育つそうです。
 従って、「サツマイモ」は、「初心者」でも「比較的」育てやすく、江戸時代以降「飢餓対策」として広く栽培されています。
 「サツマイモ」は、数枚の「葉」が付いた「ツル」(茎)を「土」に挿すという形で定植し、「不定根」を発生させ、その後、「不定根」が十分に肥大したところで収穫する「方法」が「一般的」です。
 (種から発芽させる方法もありますが、アサガオのようにつるを伸ばして生長するためイモはあまり取れない。)
 「農家」では前年に収穫した「種芋」を加熱して、その「種芋」から伸びた「ツル」を切り取って「苗」とするそうです。
 「家庭菜園」程度であれば「春」に「園芸店」や、「ホームセンター」などで「ツル」を購入して栽培するのが簡単だそうです。

 「サツマイモ」ですが、「春」に「苗」を植え付け、「晩夏」から「秋」にかけて収穫します。
 (暖地の場合)
 また、「肥料」(特に窒素肥料)を多く与えて「葉」や、「茎」が育ちすぎると、過剰成長して「根」の「品質」(外見・味)が下がるそうです。
 また、「極端」な場合では「光合成」で作られた「栄養」が「茎」や、「葉」の「成長」に浪費されるため、「芋」の「収穫量」が減ります。
 「サツマイモ」は痩せた「土地」でも育つので、前作で「野菜」が良く採れた場合、「初心者」は全く「肥料」を与えないで栽培するほうが安全だそうです。
 「苗」が「植物ウィルス」に感染すると「収穫低下」を起こすため、「ウィルスフリー苗」が利用されることもあります。

 「サツマイモ」の「品種」は、下記の通りです。

 ・ベニアズマ、ベニコマチ、紅赤(ベニアカ)、金時などの品種があり、デンプン原料用としては、シロユタカ、シロサツマ、コガネセンガン(黄金千貫)など。

 ・シモンイモ-南アメリカ原産の白甘藷(英語・Ipomoea batatas)は日本では「シモン芋」とも呼ばれる。

 ・天然着色料の原料としても使用される品種。

 ・七福人参(カロテン色素を抽出する。)
 ・琉球紫(アントシアニン色素を抽出する。)
 ・パープルスイートロード(アントシアニン色素を抽出する。)

 「世界」の「サツマイモ」ですが、「世界食料機構」が発表した「統計資料」によりますと、2008年(平成20年)の「全世界」における「生産量」は1億605万t(トン)であり、「主食」にする「イモ類」では「ジャガイモ」(同3億2556万t)、「キャッサバ」(同2億3246万t)に次ぎ、「サツマイモ」の「生産地域」は「中国」に「極端」に集中しており、その「大部分」は「酒類等」への「加工用」であり、「日本」の「生産量」ですが、101.1万tとなっています。
 「サツマイモ」の「生産量」(割合)は下記の通りです。

 1 中国 80522926t (75.9%)
 2 ナイジェリア 3318000t (3.1%)
 3 ウガンダ 2707000t (2.6%)
 4 インドネシア 1876944t (1.8%)
 5 ベトナム 1323900t (1.2%)
 6 タンザニア 1322000t (1.2%)

  7 インド 1094000t (1.0%)

  8 日本 1011000t (0.95%)

  9 ケニア 894781t (0.84%)

 10 マダガスカル 890000t (0.84%)

 「日本」における「主産地」ですが、「鹿児島県」、「茨城県」、「千葉県」、「宮崎県」、「徳島県」が「全国」の「トップ」5県となっており、この5県で「全国」の8割、とりわけ「鹿児島県」は「全国」の4割を産するそうです。
 (2005年(平成17年)産農林水産省作物統計。)
 「鹿児島県」では「でんぷん原料用」としての「作付け」も多く、「産地」の「偏在」にはいくつか「理由」があるそうです。
 まず、「サツマイモ」の「栽培」に適した「水はけ」の良い「火山灰」を含んだ「土地」が「鹿児島」に広がっていること、また、「サツマイモ」は「地上」に「実」を付けないため、比較的「風害」にも強く、「台風」がしばしばやってくる「鹿児島」では、「風害」に強い点が他の「作物」よりも有利だったこともあるそうです。

 「サツマイモ」の「ブランド産地」は、下記の通りです。

 ・鹿児島県-知覧紅(チランベニ)・安納芋(アンノウイモ)

 ・徳島県-鳴門金時(ナルトキントキ)

 ・石川県-五郎島金時(ゴロウジマキントキ・加賀野菜)

 「千葉県」の「サツマイモ」の「歴史」ですが、江戸時代(元文年間)、「徳川八代将軍」「徳川吉宗」公の「命」により、「飢饉(キキン)」を救うための「サツマイモ」の「試験栽培」が、「青木昆陽(アオキコンヨウ)」によって現在の「千葉市」「幕張」で行われたそうです。
 数年をかけ「サツマイモ栽培」は成功し、その後「全国」に広がり、「飢饉」に苦しむ「農民たち」を救ったといわれています。
 「青木昆陽」の「偉業」をたたえ、「昆陽神社」(別名「芋神さま」)が、「千葉市」「幕張」に設立されているそうです。

 「千葉県内」の主な「サツマイモ産地」ですが、「香取市」、「成田市」、「多古町」となっており、「千葉県産サツマイモ」ですが、10月から1月が「旬」となっています。

 「お好み焼き(オコノミヤキ)」ですが、「各種」の「小麦粉」を使用する「鉄板焼き」の一種であり、「日本」の「庶民的」な「料理」です。
 「お好み焼き」ですが、「水」を溶いた「小麦粉」を「生地」として、「野菜」、「肉」、「魚介類」などを「具材」とし、「鉄板」の上で焼き上げ、「ソース」、「マヨネーズ」、「青のり」等の「調味料」をつけて食するものでありますが、「焼き方」や、「具材」は「地域」によって「差」が見られ、「関西風お好み焼き」、「広島風お好み焼き」など、多くの「地域」に様々な「様式」の「お好み焼き」が存在しています。

 「サツマイモの植え付け&お好み焼き」ですが、「千葉県立東庄県民の森」の「体験イベント」で、5月15日(日)に開催されます。
 「サツマイモの植え付け&お好み焼き」の「受付時間」ですが、「東庄県民の森管理事務所」で9時00分から「受付」を行い、「サツマイモの植え付け&お好み焼き」は、9時30分から12時00分位まで行うそうです。
 「サツマイモの植え付け&お好み焼き」の「実施内容」ですが、「千葉県立東庄県民の森」内にある「畑」に「サツマイモ」の「植え付け」をし、その後「お好み焼き」を食すといった「内容」になっています。
 「サツマイモの植え付け&お好み焼き」の「参加費」ですが、「お一人」300円となっており、「定員」ですが、20人程度となっています。
 (「サツマイモの植え付け&お好み焼き」ですが、「電話」で「事前予約」「受付順」となっています。)

 「自然」あふれる「千葉県立東庄県民の森」で開催される「体験イベント」「サツマイモの植え付け&お好み焼き」。
 この機会に「東庄町」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「サツマイモの植え付け&お好み焼き」詳細

 開催日時 5月15日(日) 9時半〜12時頃 (受付 9時〜)

 開催会場 千葉県立東庄県民の森 香取郡東庄町小南639

 問合わせ 千葉県立東庄県民の森 0478-87-0393

 備考
 「サツマイモの植え付け&お好み焼き」ですが、「参加」される際、「軍手」、「長靴」、「タオル」、「飲み物」持参、汚れてもよい「服装」での「参加」を呼びかけています。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=2966 |
| 地域情報::香取 | 10:01 AM |

 
PAGE TOP ↑

(C) Copyright Inubozaki Kanko Hotel. All rights reserved.