ご予約・お問合せ 0479-23-5111(代) 受付時間)9:00〜20:00 チェックイン)15:30 チェックアウト)10:00
犬吠埼観光ホテルホームページ
波打ちぎわの天然温泉露天風呂
トップページ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


携帯からもご覧いただけます

 

「新緑の里山ウォーキング教室」(東庄町)
 本日ご紹介するのは、となりまち「東庄町」「千葉県立東庄県民の森」で5月7日(土)に開催されます「新緑の里山ウォーキング教室」です。

 「千葉県立東庄県民の森」(2011年4月22日のブログ参照)は、「緑」豊かな「下総台地」(北総台地)(2012年7月10日のブログ参照)にあり、「自然環境」の豊かなところにあります。
 「千葉県立東庄県民の森」内には、「硬式用テニスコート」が3面、「5人立て専用」の「弓道場」があり、「緑」豊かな「自然」の中で、「テニス」が楽しめたり、厳(オゴソ)かに「弓道」を楽しむことができます。

 「千葉県立東庄県民の森」の「区域面積」は、100ha(ヘクタール)で、「千葉県」の「北部」を流れる「利根川」(2011年10月9日のブログ参照)に近く、上記のように「緑」豊かな「下総台地」(北総台地)にあって、「眼下」に「干潟八万石」の「大水田地帯」や遠く「九十九里浜」(九十九里海岸)(2012年5月11日のブログ参照)を望むことができます。
 「千葉県立東庄県民の森」には、「芝生広場」、「湿地植物園」、「水鳥観察舎」などもあり、その他にも「森林館」(管理事務所)、「ふるさと館」、「展望台」、「フィールドアスレチック」、「水鳥広場」、「お花見広場」、「森の教室」、「花しょうぶ園」、「樹木園」、「見晴し台」などがあります。

 「千葉県立東庄県民の森」「周辺」の「夏目堰」は、「カモ」や「白鳥」などの「水鳥」が多数飛来しており、「千葉県立東庄県民の森」「水鳥観察舎」からも「観察」ができるので、「四季折々」の「バードウォッチング」が楽しめる「スポット」として知られています。
 「夏目堰」は、もとは「椿海」(2011年4月17日のブログ参照)「潟湖」の「一部」でしたが、「椿海」「周辺」は江戸時代に干拓され、現在は「干潟八万石」といわれる「大水田地帯」になっています。

 「千葉県立東庄県民の森」は、「県土」の「自然」を守り、多くの「県民」が「森林」と親しみ、「森林」を知り、その「恵み」を受けながら、「自然」と共に生きる「心」の「創造」を目指して造られたものです。
 このため「千葉県立東庄県民の森」は、「森林」での「学習」、「レクリエーション」、「スポーツ」、「文化活動」、「林業体験」など、「森林」の「総合利用」を図る「施設」として整備されています。

 「里山」とは、「集落」、「人里」に隣接した結果、「人間」の「影響」を受けた「生態系」が存在する「山」を指し、「深山(ミヤマ)」の「対義語」です。

 文献上、最初に「里山」という「単語」が現れるのは1759年(宝暦9年)6月に「尾張藩」が作成した「木曽御材木方」という「文書」においてだそうで、そこでは

 「村里家居近き山をさして里山と申候」

 としているそうです。
 また「奈良県」の「吉野山地」では、「山」を「村落」から近く「標高」が低い「順」に「サトヤマ」「ウチヤマ」「オクヤマ」「ダケ」と区分しており、「サトヤマ」に該当するのは「集落」の周囲の斜面にある「畑」や、「雑木林」です。

 現在のような「里山」の「再評価」に直接繋がる「言論活動」を開始した「人物」としては、「京都大学」「農学部」・「京都府立大学」などの「教官」を務めた「四手井綱英」がいるそうです。
 「四手井」は「今日的」な「意味」での「里山」という「言葉」の「使い方」を考案したといわれています。

 また、「里山」という「語」の「普及」に大きな「影響」を与えた「人物」としては、「四手井」の他に「今森光彦」を挙げる「意見」もあります。
 「飯沢耕太郎」は、1995年(平成7年)に「今森」が発表した「写真集」「里山物語」(後に「木村伊兵衛賞」受賞)によって、「里山」という「語」に「具体的」な「イメージ」が与えられたとしています。

 他に、「市民」の立場から1983年(昭和58年)から「里山一斉動物調査」などの「活動」を行い「里山」の「語」を普及するとともに「実地体感」や、「動物」の「フィールドサイン観察」などを伝えた「(社)大阪自然環境保全協会」と、それを指導し「各地」の「講演会」などで「講師」等を務めた「木下睦夫(ムツオ)」の「功績」も大きいそうです。

 「歴史」を遡(サカノボ)ると、近世までに「日本」の「里山」の大半は「アカマツ林」、あるいは「草山」、「禿げ山」となっていました。
 本来の「植生」は「木材」や「薪」の「切り出し」によって失われ、「落ち葉」や「草の類」も「田畑」の「肥料」として搬出されてしまった為に「土壌」の「栄養分」が乏しくなり、痩せた「土地」でも生きられる「アカマツ」が優勢となってしまったそうです。
 また「アカマツ」は近世日本の「農業」にとっては非常に使い勝手が良い「樹種」でもあり、選好して植えられたということもあったそうです。
 「有岡利幸」氏は江戸期に描かれた「各地」の「各所図会」に登場する「山」の大半が、「局所的」に「松」が茂る「禿げ山」として描写されていることを、この「傍証」として挙げています。
 (有岡利幸氏とは、日本の植物・植生研究家です。)

 しかし「化石燃料」や、「化学肥料」の「普及」によって「里山」の「経済価値」が失われると「里山」の「植生」は「アカマツ林」から徐々に変化していったそうです。
 (アカマツは陽樹であるため、他の樹種が侵入してくると次の世代が繁殖出来なくなる)
 例えば20世紀後半から21世紀にかけての「関東近辺」では、「クヌギ」や「コナラ」など、「落葉樹」の「ブナ科植物」を中心とする「森林」が出現しています。
 ちなみにこの「地域」の本来の「極相」は「常緑広葉樹林」でありますが、近世ほどではなくともある程度の「人」の「影響」があると、このように「極相」ではなく「落葉樹林」の状態で安定する場合もあります。
 同じような「条件」でも、より「南」の「地域」では、これらのほかに「常緑」の「シイ」がよく出現し、このような、「人為的攪乱」などにより、「極相」が壊れて成立した「植生」を「代償植生」というそうです。
 また近年では放置された「孟宗竹」の「竹林」が「無秩序」に拡大して「落葉樹林」を「竹林」に変えてしまう「竹害」も、「里山」の「植生」として無視できないものとなっています。
 まとめると、「歴史的」に見て「日本列島」の「里山」は「植生」が極度に破壊された「禿げ山」、「草山」、「アカマツ林」から、本来の「極相」とは違う「形」で安定した「二次林」、あるいは「竹害的」な「竹林」、そしてその「土地」本来の「極相林」など、多様な「植生」が存在する場所であるということがいえます。
 「自然保護」の立場から、「人為的攪乱」がある「里山」を「ニセモノの森」と見る向きがあるそうで、これは、「潜在自然植生」を重視する「考え方」です。
 それに対して、「主体」を「人間」に置き、「持続可能な開発」の「モデル」として「里山」の「復権」を主張する「考え方」もあります。
 この中には「荒れた雑木林」という新しい「概念」が導入されています。
 20世紀後半以降は「薪炭採取」を中心とする「入会利用」が廃れ、「里山」は完全に放置される場合が多く、本来の「極相」に戻りつつある「地域」も多いそうです。
 「有岡利幸」氏はこのような「状況」に評して、「弥生式農耕」の開始以降、平成期ほど「里山」が「樹木」に覆い尽くされている時代は無かったと指摘しているそうです。

 「ウォーキング」(英・warking)は、「散歩」、「歩くこと」によって「健康増進」を「目的」とした「運動」です。
 「ウォーキング」は、上述のように「散歩」、「健康維持」のための「歩行運動」で、「書籍」「血管を強くする歩き方」の「筆者」は「生活習慣病」などの「予防」や、「対策」のためになるとして「手軽」な「運動」として「ウォーキング」を推奨しています。
 「全国各地」の「自治体」の「健康関連部門」など「公的機関」も、「ウォーキングコース」の「設定」、「ウォーキング大会」や、「ウォーキング教室」の「開催」などを開催しています。
 この背景には、増大する「医療費」を少しでも抑えるために「市民」の「健康増進」を図る「目的」があるそうです。
 一方、「民間団体」も「健康」への「効用」にとどまらないそれぞれの「目的」を持って、「ウォーキング」の「普及」や、「増進」に取り組んでいるそうです。
 例えば、「鉄道会社」や、「観光協会」の主催する「ウォーキングイベント」は「利用客」や、「訪問客」の「増加」を、「ウォーキング関連商品メーカー」は「販売促進」を目指しています。

 「ウォーキング」の「利点」としては、始める際の「ハードル」が低いことが挙げられます。
 「各スポーツメーカー」からは「ウォーキングシューズ」などが販売されてはいますが、始める際には普段履いている「スニーカー」でも差し支えなく、「初期投資」がほとんどかかりません。
 また、「道路」や、「公園」を利用する場合が多く、「専用」の「器具」や、「競技施設」を必要としないことから、いつでもどこでも行うことができます。
 さらに「歩行」さえ可能であれば、「高齢者」や、「身体障害者」でも「自分」の「ペース」で「ウォーキング」に取り組むことができます。
 一方で、「ウォーキング中」の「交通事故」や、「不適切」な「カラダ」の「使い方」によって「足」だけでなく「腰」・「股関節」・「背中」・「腰」などを痛めるなどの「危険」もあるため、「適切」な「ウォーキング方法」が提言されています。
 「ウォーキング」は一人でもできますが、「大人数」が参加する「多種多数」な「イベント」が開催されているそうです。
 また、「愛好家」が集う「大会」、「長距離」を歩き「自己」の「限界」に挑戦する「過酷」な「スポーツ」としての「大会」、「子供」を「対象」に「教育的目的」で歩く「大会」などがあります。

 ちなみに「シューズ大手メーカー」の「説明」では「平均的」な「ウォーキングシューズ」の「寿命」は「お遍路(ヘンロ)さん1回分」だそうで、「靴」の「消耗」にかかる「コスト」を「距離」で割りますと1kmあたり10円となり、「自動車」の「燃費」と変わらない「計算」になるそうです。

 「新緑の里山ウォーキング教室」ですが、「千葉県立東庄県民の森」の「体験イベント」で、5月7日(土)に開催されます。
 「新緑の里山ウォーキング教室」の「受付時間」ですが、「東庄県民の森管理事務所」で8時45分から「受付」を行い、「新緑の里山ウォーキング教室」の「開催時間」は、9時00分から12時00分頃まで行うそうです。
 「新緑の里山ウォーキング教室」の「実施内容」ですが、「歩き方」の「レクチャー」後、「新緑」の「千葉県立東庄県民の森」周辺を、5kmほど歩くといった「内容」となっています。
 「新緑の里山ウォーキング教室」の「参加費」ですが、「お一人」300円となっており、「定員」ですが、30名程度となっています。
 (「新緑の里山ウォーキング教室」ですが、「電話」で「事前予約」「受付順」となっています。)

 「自然」あふれる「千葉県立東庄県民の森」で開催される「体験教室」「新緑の里山ウォーキング教室」。
 この機会に「東庄町」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「新緑の里山ウォーキング教室」詳細

 開催日時 5月7日(土) 9時半〜12時頃

 開催会場 千葉県立東庄県民の森 香取郡東庄町小南639

 問合わせ 千葉県立東庄県民の森 0478-87-0393

 備考
 「新緑の里山ウォーキング教室」ですが、参加される際、歩きやすい「靴」・「服装」、「タオル」、「飲み物」等の「持参」を呼びかけています。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=2984 |
| 地域情報::香取 | 06:56 PM |
「第57回佐原のふな釣り大会」(香取市)
 本日ご紹介するのは、となりまち「香取市」「横利根川」(横利根閘門〜横利根大橋)、「長島川」(八筋川排水機場〜なかず橋)で5月8日(日)に開催されます「第57回佐原のふな釣り大会」です。

 「横利根川」は、「利根川」(2011年10月9日のブログ参照)と「霞ヶ浦(カスミガウラ)」(常陸利根川)までを結ぶ、約7kmの「河川」で、普段は「利根川」に向けて流れています。
 「横利根川」は、「利根川」の「湧水時」に、「霞ヶ浦」へ逆流するのをふせぐため、大正年間(1912年〜1926年)に建設された「横利根閘門(ヨコトネコウモン)」(2011年9月5日のブログ参照)(パナマ運河形式)も「周囲」の「風景」にとけこんでいます。
 「横利根閘門」は、「茨城県」「稲敷市」と、「香取市」の「県境」付近に位置する「横利根川」にある「閘門」で、「国土交通省」が管理しています。
 「横利根閘門」ですが、「門扉」が腐食するなど「老朽化」が進んでいたため、1994年(平成6年)「自動化工事」とあわせ「土木遺産」としての「価値」を後世に伝えるための「復元修復工事」が行われました。
 2000年(平成12年)5月、「日本」における「煉瓦造閘門」のひとつの「到着点」を示す「近代化遺産」として「重要文化財」に指定されました。
 現在、「閘門」の周辺は「横利根閘門ふれあい公園」(香取市・稲敷市管理)として整備され、「サクラの名所」、「横利根川」に面した「釣りの名所」として「憩いの場」となっています。
 「横利根閘門ふれあい公園」ですが、2006年(平成18年)に「日本の歴史公園100選」に選定されています。
 「横利根閘門」ですが、「香取市内」の「佐原市街地」と、「利根川」「北部」の「十六島地区」を結ぶ、「船舶」や、「自動車交通」の「要衝部」にあり、「水郷」の「シンボル的施設」として親しまれており、「地元」の「人」は「かんもん」と呼ぶことが多いそうです。

 「長島川」は、「香取市」「長島地区」を流れる「幅」20mほどの「河川」で、「西」は、「横利根川」、「東」は、「西部与田浦」と接しています。

 「横利根川」(横利根閘門〜横利根大橋)と、「長島川」(八筋川排水機場〜なかず橋)を「会場」に行われる「佐原のふな釣り大会」(2015年5月8日・2014年5月6日・2013年5月7日・2012年5月6日・2011年5月19日のブログ参照)は、「水郷佐原」に「春」を告げる「釣りイベント」(ふな釣り大会)で、「水郷佐原」の「釣り場」として、「春」に「最盛期」を迎える「ふな釣り人」に「人気」の「釣り大会」として知られています。
 「佐原のふな釣り大会」は、長い「歴史」がある「ふな釣り大会」であり、「首都圏」からの「参加者」も多く、「豪華商品」も多数用意された「ふな釣り大会」として知られています。
 「佐原のふな釣り大会」には毎年、「大会」を心待ちにしていた「太公望(タイコウボウ)」たちが、「大勢」参加し、「ふな釣り」の「メッカ」である「横利根川」(横利根閘門〜横利根大橋)、「長島川」(八筋川排水機場〜なかず橋)を「会場」に、「腕」を競います。

 今年(2016年)で「57回目」を迎える「歴史」ある「釣りイベント」「第57回佐原のふな釣り大会」ですが、5月8日(日)に、上記のように「横利根川」(横利根閘門〜横利根大橋)、「長島川」(八筋川排水機場〜なかず橋)を「会場」に、開催されます。
 「第57回佐原のふな釣り大会」の「競技時間」ですが、「朝」5時00分から14時00分までとなっており、「各自」「釣り場」で「スタート」となっています。
 「第57回佐原のふな釣り大会」の「競技方法」ですが、「釣竿」は1本とし、「陸釣り」・「舟釣り」を問わず「自由釣り」となっています。
 但(タダ)し「第57回佐原のふな釣り大会」では、「吸い込み」・「ギャング釣り」・「リール釣り」・「撒き餌」は「厳禁」となっています。
 (「釣り餌」は「自由」)

 「第57回佐原のふな釣り大会」の「参加資格」ですが、「男女」、「年齢」を問わず「同好者全般」で、「参加費」ですが、「大人」700円、「小中学生」500円となっています。
 「第57回佐原のふな釣り大会」「受付」ですが、4月8日(金)から「申込み開始」となっており、「第57回佐原のふな釣り大会」「締切」ですが、「当日」「申込み」も「可」となっています。
 なお「第57回佐原のふな釣り大会」の「参加申込」ですが、「申込み」は、「参加費」を添えて「水郷佐原観光協会」(JR佐原駅観光案内所1F)「第57回佐原のふな釣り大会事務局」、又は「市内釣具店」・「横利根各釣宿」に「お申し込み」となっています。
 「第57回佐原のふな釣り大会」「申込取扱店」は、下記の通りです。

 つり舟 中島屋旅館 0299-78-2621 (当日受付店)

 (平勝) 平野釣舟店 0478-56-0300 (当日受付店)

 つり舟 小松屋旅館 0299-78-2205 (当日受付店)

 つり具のつくば屋  0478-82-1388

 旅館 水楽荘    0478-56-1211

 水郷佐原観光協会  0478-52-6678 (当日受付店)

 「第57回佐原のふな釣り大会」の「対象魚」ですが、「鮒」(へら・まぶな)、※外道賞(鯉のみ)となっています。
 「第57回佐原のふな釣り大会」の「審査方法」ですが、「釣魚総重量制」とし、「順位決定」、「等級」を定め、「大型賞」(「体長」38cm以上へら鮒のみ)「入賞」の場合は、差し引きせず、「総重量」で行うそうです。
 なお「同重量」であった場合は、「抽選」をもって「決定」し、「釣魚」に「疑義(ギギ)」の出た場合は、「審査委員」の「協議」により定めるそうです。

 「第57回佐原のふな釣り大会」では、下記の場合「失格」となるそうです。

 1 参加証明書と審査票に取扱い店印のない場合

 2 釣り座の先取り、または竿を下ろした場合

 3 午後2時(14時)までに計量場所に到着しない場合

 4 その他大会のルールに反した場合

 「第57回佐原のふな釣り大会」の「賞品」ですが、「豪華商品」が多数用意されています。
 「第57回佐原のふな釣り大会」「賞品」ですが、「1等」から「50等」までの「賞品」、また「副賞」として「こども賞」、「婦人賞」、「大会賞」、「当日賞」、「協賛団体賞」などとなっており、他に、「大型賞」(ふな)1名、「外道賞」(こい・重量)1名、「釣り魚」の少ない「人」の中から「飛賞」、「オデコ」の「人」も含めて「ラッキー賞」など「豪華賞品」を多数用意し、また「参加者全員」に「参加賞」として「佐原の米」「コシヒカリ」1kgを「プレゼント」するそうです。

 「第57回佐原のふな釣り大会」の「計量」ですが、「計量場所」は「横利根川」沿いの「釣舟宿」4ヶ所(堀井食堂・(平勝)平野釣舟店・中島屋旅館・小松屋旅館)となっており、「計量受付時間」ですが、13時00分から14時00分までとなっています。
 なお「第57回佐原のふな釣り大会」の「審査」及び「表彰場所」ですが、「川の駅水の郷さわら」「川の駅ホール」となっています。
 「第57回佐原のふな釣り大会」「審査場所」・「結果表彰」(発表)ですが、「川の駅水の郷さわら」「川の駅ホール」で、15時00分から行うそうです。

 「北総」の「へら鮒釣り」の「メッカ」「横利根川」(横利根閘門〜横利根大橋)、「長島川」(八筋川排水機場〜なかず橋)で開催される「歴史」ある「恒例」の「釣り大会」「第57回佐原のふな釣り大会」。
 この機会に「香取市」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 「第57回佐原のふな釣り大会」詳細

 開催日時 5月8日(日) 朝5時〜14時 (各自釣り場でスタート)
 (14時までに「計量受付場所」へ)

 開催会場 横利根川 (横利根閘門より横利根大橋の間)
      長島川 (八筋川排水機場よりなかず橋の間)
      (審査場所・表彰式会場 水の郷さわら川の駅ホール)

 参加費  大人 700円 小中学生 500円

 問合わせ 水郷佐原観光協会 0478-52-6675

 備考
 「第57回佐原のふな釣り大会」ですが、「雨天」「決行」で行われる「イベント」です。
 「第57回佐原のふな釣り大会」ですが、上記のように「競技終了後」13時00分から14時00分までに、「計量受付場所」の「横利根川」沿いの「釣舟宿」4ヶ所(堀井食堂・(平勝)平野釣舟店・中島屋旅館・小松屋旅館)に到着することが「ルール」となっています。

| http://www.inubou.co.jp/blog/index.php?e=2956 |
| 地域情報::香取 | 10:32 AM |

 
PAGE TOP ↑

(C) Copyright Inubozaki Kanko Hotel. All rights reserved.